orakillとは

orakillとはWindows環境においてoracleのバックグラウンドプロセスを強制停止するツールです。 Windows OSにおいてはoracleのバックグラウンドプロセスはスレッドとして実装されており、 OSの付属コマンドにはスレッドをkillするコマンドがないためorakillを使用します。


使用方法

orakillコマンドは以下のように引数として停止対象のインスタンスのSIDとSPID(スレッドID)を指定します。

orakill <SID> <SPID>

※SIDはV$INSTANCEのINSTANCE_NAME、SPIDはV$PROCESSのSPID列に該当します。

ヘルプメッセージ

C:\>orakill

Usage:  orakill sid thread

  where sid    = the Oracle instance to target
        thread = the thread id of the thread to kill

  The thread id should be retrieved from the spid column of a query such as:

        select spid, osuser, s.program from
        v$process p, v$session s where p.addr=s.paddr
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板