バインド

O-Analyzerは「O-Analyzerのダウンロード」から無償でダウンロードできます。ぜひご利用ください。

バインド画面


使用方法

グリッドに使用したい変数の情報を入力して「設定」をクリックするとバインド変数が設定されます。 グリッドの値は行ヘッダをクリックしてDELETEキーを押すことで削除できます。

項目説明

・バインド値設定グリッド
項目名 説明
バインド変数名 バインド変数名を入力します。先頭に「:」を付ける必要はありません。SQLで使用する時はこの名前の先頭に「:」を付与した名前を設定します。ex) select :bind1 from dual
タイプ バインド変数の型です。NUMBER、VARCHAR2、CLOBに対応しています
IN/OUT バインド変数の入出力タイプです。クライアント側でバインド変数に値を設定して渡す場合はINかIN/OUT、ストアドプロシージャ等でサーバから戻り値が戻される場合はOUTかIN/OUTを使用します。
バインド変数に設定する値です。IN/OUTにOUTを指定した場合は無視されます
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板