11gR2 Real Application Clusters(RAC) のインストール(2)

本ページではVMwareを用いた11gR2 RAC(2node)のインストールの方法をまとめています。

1 構成・インストール前準備
2 Grid Infrastructureソフトウエアのインストール
3 データベースソフトウエアのインストール
4 データベースの作成
補足


Grid Infrastructureソフトウエアのインストール

・Grid InfrastructureのインストールメディアからrunInstallerを実行し、OUIを起動させます。
なお、本環境ではホストOSにcygWinをインストールすることでOUIの画面をホストOS側で表示させています。

・本環境はクラスタ環境なのでクラスタ用を選択します。
grid_1

・標準インストールを選択します。
grid_2

・SCAN名にcluster1を設定し、vm2の情報を追加します。
また、RAC環境では全ノード間でパスワードなしでSSH接続ができる状態にする必要があるので設定がされていなければ設定します。(「SSH接続」のボタンを押すと設定ボタンが表示され、こちらから自動設定可能です)
grid_3

・上記画面から「ネットワーク・インターフェイスの特定」を選択し、eth0がパブリック、eth1がプライベートになるよう設定します。
grid_4

・ORACLE_BASEやGRID_HOMEを入力します。また、今回はASMを利用するので記憶域のタイプを「自動ストレージ管理」に設定します。
grid_5

・先ほど設定したRAWデバイスが表示されるので全て選択します。
grid_6

・インベントリディレクトリを入力します。
grid_7

・本環境は物理メモリとswapのサイズの最小サイズを満たしていないので前提条件のチェックで失敗しますが、「全て無視」を入力し先に進みます。
grid_8

・サマリが表示され、その後インストールが開始されます
grid_9

・途中でrootユーザでスクリプトを実行するよう表示されるのでスクリプトを実行します
grid_10
注意
画面にも記載がありますが最初にインストールノードでorainstRoot.shとroot.shを順番に実行し、
その後にノード2でスクリプトを実行します。最初に平行して実行してはいけません。

node1の実行ログ
[root@vm1 ora112]# /app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
[root@vm1 ora112]# /app/11.2.0/grid/root.sh
Running Oracle 11g root.sh script...

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= ora112
    ORACLE_HOME=  /app/11.2.0/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
2010-02-11 17:43:21: Parsing the host name
2010-02-11 17:43:21: Checking for super user privileges
2010-02-11 17:43:21: User has super user privileges
Using configuration parameter file: /app/11.2.0/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
LOCAL ADD MODE
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
  root wallet
  root wallet cert
  root cert export
  peer wallet
  profile reader wallet
  pa wallet
  peer wallet keys
  pa wallet keys
  peer cert request
  pa cert request
  peer cert
  pa cert
  peer root cert TP
  profile reader root cert TP
  pa root cert TP
  peer pa cert TP
  pa peer cert TP
  profile reader pa cert TP
  profile reader peer cert TP
  peer user cert
  pa user cert
Adding daemon to inittab
CRS-4123: Oracle High Availability Services has been started.
ohasd is starting
ADVM/ACFS is not supported on centos-release-5-4.el5.centos.1



CRS-2672: 'ora.gipcd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2672: 'ora.mdnsd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gipcd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2676: 'ora.mdnsd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.gpnpd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gpnpd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2672: 'ora.diskmon'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.diskmon'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2676: 'ora.cssd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.ctssd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.ctssd'('vm1')の起動が成功しました

ASMは正常に作成され、起動しました。

ディスク・グループDATAは正常に作成されました。

clscfg: -install mode specified
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
CRS-2672: 'ora.crsd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.crsd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-4256: Updating the profile
Successful addition of voting disk 873f7614e6274ff3bfdf91bd0747b3a6.
Successfully replaced voting disk group with +DATA.
CRS-4256: Updating the profile
CRS-4266: Voting file(s) successfully replaced
##  STATE    File Universal Id                File Name Disk group
--  -----    -----------------                --------- ---------
 1. ONLINE   873f7614e6274ff3bfdf91bd0747b3a6 (/dev/raw/raw1) [DATA]
Located 1 voting disk(s).
CRS-2673: 'ora.crsd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.crsd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.asm'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.asm'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.ctssd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.ctssd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.cssd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.cssd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.gpnpd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.gpnpd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.gipcd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.gipcd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2673: 'ora.mdnsd'('vm1')の停止を試行しています
CRS-2677: 'ora.mdnsd'('vm1')の停止が成功しました
CRS-2672: 'ora.mdnsd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.mdnsd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.gipcd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gipcd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.gpnpd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gpnpd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.cssdmonitor'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2672: 'ora.diskmon'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.diskmon'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2676: 'ora.cssd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.ctssd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.ctssd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.asm'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.asm'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.crsd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.crsd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.evmd'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.evmd'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.asm'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.asm'('vm1')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.DATA.dg'('vm1')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.DATA.dg'('vm1')の起動が成功しました

vm1     2010/02/11 17:53:40     /app/11.2.0/grid/cdata/vm1/backup_20100211_175340.olr
パッケージインストールの準備中...
cvuqdisk-1.0.7-1
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded
クラスタウェアのインベントリ・プロパティの更新中
Oracle Universal Installerを起動中です...

スワップ領域の確認中: 500MBを超えている必要があります.   実際 2082MB    問題なし
The inventory pointer is located at /etc/oraInst.loc
The inventory is located at /app/oraInventory
'UpdateNodeList'が成功しました。
node2の実行ログ
[root@vm2 ora112]# /app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
[root@vm2 ora112]# /app/11.2.0/grid/root.sh
Running Oracle 11g root.sh script...

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= ora112
    ORACLE_HOME=  /app/11.2.0/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
2010-02-11 17:57:03: Parsing the host name
2010-02-11 17:57:03: Checking for super user privileges
2010-02-11 17:57:03: User has super user privileges
Using configuration parameter file: /app/11.2.0/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
LOCAL ADD MODE
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
Adding daemon to inittab
CRS-4123: Oracle High Availability Services has been started.
ohasd is starting
ADVM/ACFS is not supported on centos-release-5-4.el5.centos.1



CRS-4402: CSSデーモンが排他モードで開始されましたが、ノードvm1、番号1のアクティブCSSデーモンが検出されたため中断します
An active cluster was found during exclusive startup, restarting to join the cluster
CRS-2672: 'ora.mdnsd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.mdnsd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.gipcd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gipcd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.gpnpd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.gpnpd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssdmonitor'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.cssdmonitor'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.cssd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2672: 'ora.diskmon'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.diskmon'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2676: 'ora.cssd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.ctssd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.ctssd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.asm'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.asm'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.crsd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.crsd'('vm2')の起動が成功しました
CRS-2672: 'ora.evmd'('vm2')の起動を試行しています
CRS-2676: 'ora.evmd'('vm2')の起動が成功しました

vm2     2010/02/11 18:09:06     /app/11.2.0/grid/cdata/vm2/backup_20100211_180906.olr
パッケージインストールの準備中...
cvuqdisk-1.0.7-1
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded
クラスタウェアのインベントリ・プロパティの更新中
Oracle Universal Installerを起動中です...

スワップ領域の確認中: 500MBを超えている必要があります.   実際 2247MB    問題なし
The inventory pointer is located at /etc/oraInst.loc
The inventory is located at /app/oraInventory
'UpdateNodeList'が成功しました。
grid_11

・スクリプト実行後、netcaやasmcaの処理が自動的に実行されます
grid_12

grid_13

・インストール終盤で以下の失敗しましたというメッセージが表示されますがこれは以下のOUIのログからわかるとおりSCAN名に対して単一のIP(192.168.1.9)しか割り当てられていない為です。今回はSCANを使用しない為無視して先に進めます。
grid_14

OUIのログ抜粋
情報: Started Plugin named: Oracle Cluster Verification Utility
情報: Found associated job
情報: Starting 'Oracle Cluster Verificationユーティリティ'
情報: Starting 'Oracle Cluster Verificationユーティリティ'
情報: クラスタ・サービス設定の事後チェックを実行しています 
情報: ノード到達可能性をチェック中...
情報: ノード"vm1"からのノード到達可能性チェックに合格しました
情報: ユーザー等価をチェック中...
情報: ユーザー"ora112"のユーザー等価チェックに合格しました
情報: タイムゾーンの一貫性をチェック中...
情報: タイムゾーンの一貫性チェックに合格しました。
情報: クラスタ・マネージャ整合性をチェック中... 
情報: CSSデーモンをチェック中...
情報: Oracle Cluster Synchronization Servicesはオンラインのようです。
情報: クラスタ・マネージャ整合性チェックに合格しました
情報: OCRの場所のUDev属性のチェックが開始されました...
情報: OCRの場所のUDev属性のチェックに合格しました
情報: 投票ディスクの場所のUDev属性のチェックが開始されました...
情報: 投票ディスクの場所のUDev属性のチェックに合格しました
情報: デフォルトのユーザー・ファイル作成マスクのチェックに合格しました
情報: クラスタ整合性をチェック中...
情報: クラスタ整合性チェックに合格しました
情報: OCR整合性をチェック中...
情報: 非クラスタ構成がないことをチェック中...
情報: すべてのノードにローカル専用の非クラスタ構成がありません
情報: ASMの実行チェックに合格しました。ASMはすべてのクラスタ・ノードで実行されています
情報: OCR構成ファイル"/etc/oracle/ocr.loc"をチェック中...
情報: OCR構成ファイル"/etc/oracle/ocr.loc"のチェックに成功しました
情報: OCRの場所"+DATA"のディスク・グループはすべてのノードで使用できます
情報: OCRの場所"+DATA"のサイズをチェック中...
情報: OCRの場所"+DATA"のサイズ・チェックに成功しました...
情報: OCRの場所"+DATA"のサイズ・チェックに成功しました...
情報: WARNING: 
情報: このチェックはOCRの内容の共有性を検証しません。権限のあるユーザーとして'ocrcheck'を実行し、OCRの内容を検証します。
情報: OCR整合性チェックに合格しました
情報: CRS整合性をチェック中...
情報: CRS整合性チェックに合格しました
情報: ノード・アプリケーションの存在をチェック中...
情報: VIPノード・アプリケーションの存在をチェック中です (必須)
情報: チェックに合格しました。
情報: ONSノード・アプリケーションの存在をチェック中です (オプション)
情報: チェックに合格しました。
情報: GSDノード・アプリケーションの存在をチェック中です (オプション)
情報: チェックが無視されました。 
情報: EONSノード・アプリケーションの存在をチェック中です (オプション)
情報: チェックに合格しました。
情報: NETWORKノード・アプリケーションの存在をチェック中です (オプション)
情報: チェックに合格しました。
情報: 単一クライアント・アクセス名(SCAN)をチェック中...
情報: "cluster1"の名前解決の設定をチェック中...
情報: ERROR: 
情報: PRVF-4664 : SCAN名"cluster1"に対して一貫性のない名前解決エントリが検出されました
情報: ERROR: 
情報: PRVF-4657 : "cluster1"の名前解決の設定チェック(IPアドレス: 192.168.1.9)に失敗しました
情報: ERROR: 
情報: PRVF-4664 : SCAN名"cluster1"に対して一貫性のない名前解決エントリが検出されました
情報: SCAN VIPおよびリスナー設定の検証に失敗しました
情報: OCRがASMで検出されました。ACFSの整合性チェックを実行中...
情報: すべてのクラスタ・ノードでASMが実行されているかどうかのチェックを開始中...
情報: ASMの実行チェックに合格しました。ASMはすべてのクラスタ・ノードで実行されています
情報: 少なくとも1つのディスク・グループが構成されているかどうかのディスク・グループのチェックを開始中...
情報: ディスク・グループのチェックに合格しました。少なくとも1つのディスク・グループが構成されています
情報: タスクACFS整合性チェックに合格しました
情報: Oracleクラスタ投票ディスク構成をチェック中...
情報: Oracleクラスタ投票ディスク構成のチェックに合格しました
情報: ユーザー"ora112"は"root"グループの一部ではありません。チェックに合格しました
情報: すべてのノードでクラスタウェアがインストールされているかどうかをチェック中...
情報: クラスタウェアのインストールのチェックに合格しました
情報: CTSSリソースがすべてのノードで実行されているかどうかをチェック中...
情報: CTSSリソースのチェックに合格しました
情報: すべてのノードで時間オフセットについてCTSSを問合せ中...
情報: 時間オフセットについてのCTSSの問合せに合格しました
情報: CTSSの状態のチェックが開始されました...
情報: CTSSはオブザーバ状態にあります。NTPを使用したクロック同期のチェックにスイッチオーバー中
情報: ネットワーク・タイム・プロトコル(NTP)を使用してクロック同期のチェックを開始中...
情報: NTP構成ファイルのチェックが開始されました...
情報: NTP構成ファイルのチェックに合格しました
情報: デーモン活性をチェック中...
情報: "ntpd"の活性チェックに合格しました
情報: NTPデーモンのslewオプションのチェックに合格しました
情報: NTPデーモンのブート時構成のslewオプションのチェックに合格しました
情報: NTP共通タイム・サーバーのチェックが開始されました...
情報: 共通NTPタイム・サーバーのチェックに合格しました
情報: NTPタイム・サーバーからのクロック時間オフセットのチェックが開始されました...
情報: クロック時間オフセットのチェックに合格しました
情報: ネットワーク・タイム・プロトコル(NTP)を使用したクロック同期のチェックに合格しました
情報: Oracle Cluster Time Synchronization Servicesのチェックに合格しました
情報: クラスタ・サービス設定の事後チェックはすべてのノードで失敗しました。 
情報: 
警告: 
情報: Completed Plugin named: Oracle Cluster Verification Utility
情報: Oracle Cluster Verificationユーティリティに失敗しました。
情報: Oracle Cluster Verificationユーティリティに失敗しました。
・「スキップ」を押して先に進めます
grid_15

grid_16

・以上でインストール完了です
grid_17

1 構成・インストール前準備
2 Grid Infrastructureソフトウエアのインストール
3 データベースソフトウエアのインストール
4 データベースの作成
補足

ログ

OUIのインストールログ(上記インストール時のもの)
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板