REDOログ

※コピーすると改行が抜ける場合はソースをダブルクリックして強調表示を外してからコピーしてください

--ログスイッチ
ALTER SYSTEM SWITCH LOGFILE;
--アーカイブログ一巡
ALTER SYSTEM ARCHIVE LOG CURRENT;

--ログメンバ追加
ALTER DATABASE ADD LOGFILE MEMBER
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO01_2' TO GROUP 1,
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO02_2' TO GROUP 2,
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO03_2' TO GROUP 3
/

--ログメンバ削除(カレントログメンバや未アーカイブのREDOログは削除不可)
ALTER DATABASE DROP LOGFILE MEMBER
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO01_2',
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO02_2',
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO03_2';

--ロググループ追加
ALTER DATABASE ADD LOGFILE GROUP 4
(
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO04',
  'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TEST\REDO04_2' 
) SIZE 500M;

--ロググループのファイルパス移動(MOUNTモードで実行)
ALTER DATABASE RENAME FILE
  'C:\oracle\oradata\orcl9\REDO03.LOG',
  'C:\oracle\oradata\orcl9\REDO01.LOG',
  'C:\oracle\oradata\orcl9\REDO02.LOG'
TO
  'C:\oracle\product\9.2.0.1\oradata\orcl9\REDO03.LOG',
  'C:\oracle\product\9.2.0.1\oradata\orcl9\REDO01.LOG',
  'C:\oracle\product\9.2.0.1\oradata\orcl9\REDO02.LOG';

--ロググループ削除(カレントログや未アーカイブのREDOログは削除不可)
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 9;

--アーカイブログモード確認
SQL> archive log list
     データベース・ログ・モード      アーカイブ・モード
     自動アーカイブ                  使用可能
     アーカイブ先                     C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\arch
     最も古いオンライン・ログ順序     1
     アーカイブする次のログ順序       2
     カレント・ログ順序               2

--アーカイブログモード変更
CONN / AS SYSDBA
SHUTDOWN IMMEDIATE
※必要であれば初期化パラメータの設定を行う
STARTUP MOUNT
	ALTER DATABASE ARCHIVELOG;  --アーカイブログモードに変更
	ALTER DATABASE NOARCHIVELOG;  --ノーアーカイブログモードに変更
ALTER DATABASE OPEN;

--スタンバイREDO
alter database add standby logfile
group 4 'C:\oracle\oradata\orcl102S\STANDBY_REDO04.LOG' size 100M,
group 5 'C:\oracle\oradata\orcl102S\STANDBY_REDO05.LOG' size 100M,
group 6 'C:\oracle\oradata\orcl102S\STANDBY_REDO06.LOG' size 100M;

--スタンバイREDO削除
ALTER DATABASE DROP STANDBY LOGFILE GROUP 9;

--REDOログサイズの拡張(既存のファイルを拡張することはできないため追加->削除を行う)
ALTER DATABASE ADD LOGFILE GROUP 1 ('E:\oracle\oradata\ORCL102\REDO01.LOG') SIZE 500M REUSE;
ALTER DATABASE ADD LOGFILE GROUP 2 ('E:\oracle\oradata\ORCL102\REDO02.LOG') SIZE 500M REUSE;
ALTER DATABASE ADD LOGFILE GROUP 3 ('E:\oracle\oradata\ORCL102\REDO03.LOG') SIZE 500M REUSE;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 4;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 5;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 6;
--カレントであるなどの理由で削除できないログを削除するためログスイッチとアーカイブを行う
ALTER SYSTEM CHECKPOINT;
ALTER SYSTEM SWITCH LOGFILE;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 4;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 5;
ALTER DATABASE DROP LOGFILE GROUP 6;

--REDOログのシステム統計(インスタンス起動後からのredo出力量)
select name,value from v$sysstat where name = 'redo size';

--REDOログのセッション統計(実行セッションのredo出力量)
select b.name,a.value from v$mystat a,v$statname b where a.statistic#=b.statistic# and b.name = 'redo size';
select b.name,a.value from v$sesstat a,v$statname b where a.statistic#=b.statistic# and sid = (select sid from v$mystat where rownum=1) and b.name = 'redo size';


--関連ディクショナリ
SELECT * FROM V$LOG;
SELECT * FROM V$ARCHIVED_LOG;
SELECT * FROM V$LOGFILE;
SELECT * FROM V$DATABASE;


マニュアル

SQL リファレンス 10g リリース2(10.2)
リファレンス 10g リリース2(10.2)
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板