ASMインスタンスの作成

本ページではASMインスタンスの作成手順を記載します。環境は以下の通りです。

OS Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition x86
ORACLEのバージョン 10.2
ディスクグループ名 DATA


1 RAWデバイスの定義

DISKの管理画面よりASMのDISKグループ用のRAWパーティションをFドライブとして作成します。 本ページではORACLEがインストールされているNTFSのパーティション(Eドライブ)とASM用のRAWパーティション(Fドライブ)を1つのディスクでパーティションを分けていますが本番環境で使用する場合はASM用の領域はDISKの全領域を1パーティションに割り当てて作成してください。

asm_102_15 asm_102_16

asm_102_17 asm_102_18

RAWパーティションを使用するためフォーマットをしないを選択します。
asm_102_19 asm_102_20

asm_102_21

作成した無名のRAWパーティションにFドライブを割り当てます。
asm_102_22 asm_102_23

asm_102_24 asm_102_25

3 CSServiceの構成

ASMを使用するためには「OracleCSService」というサービスが起動している必要があります。RACをインストール済みの場合は自動で構成されますがRAC環境ではない場合は「localconfig add」を実行して手動作成します。

Microsoft Windows [Version 5.2.3790]
(C) Copyright 1985-2003 Microsoft Corp.

C:\Documents and Settings\Administrator>cd /d e:\oracle\product\10.2.0\db_1\bin

E:\oracle\product\10.2.0\db_1\BIN>localconfig add
Step 1:  creating new OCR repository
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Creating OCR keys for user 'administrator', privgrp ''..
Operation successful.
Step 2:  creating new CSS service
successfully created local CSS service
successfully added CSS to home

4 DBCAによるASMインスタンスの作成

ASMインスタンスの作成はdbcaより行うことができます。なお、作成されるASMインスタンス名は+ASMになります。
asm_102_4 asm_102_5

asm_102_8

以下の画面にてディスクグループ用ディスクの検出及び作成を行います。 ディスクグループの作成画面でディスクパスを検出するには作成したRAWデバイスに対してスタンプを付けます(Linux環境のasmlibによるディスクマーキングと同等の作業)。 検出されたディスクには冗長性の設定を行いますがここでは外部(冗長性なし)を選択し、インスタンス作成を行います。
asm_102_31 asm_102_29

asm_102_26 asm_102_27

asm_102_28

5 ASM上の領域を使用するデータベースインスタンスの作成

ASMを使用する場合も基本的な手順は通常のファイルシステム上にファイルを置く場合と変わりません。 記憶域オプションの選択画面で「自動ストレージ管理(ASM)」を選択するだけです。また、データファイルの位置に「+DATA」と入力していますが、「DATA」がディスクグループ名、「+」はasm上の領域であることを示す識別子です。
asm_102_39 asm_102_40

asm_102_50

6 ASMインスタンスへの接続

ASMインスタンスに接続する場合、11.1まではSYSDBA権限、11.2以降はasmdba権限を有しているユーザで接続します。 以下はASM上に作成されていたファイル一覧、ディスクグループ、ディスクグループを構成するディスクの情報です。
Microsoft Windows [Version 5.2.3790]
(C) Copyright 1985-2003 Microsoft Corp.
接続先インスタンスをASMに切り替える
C:\Documents and Settings\Administrator>set ORACLE_SID=+ASM

C:\Documents and Settings\Administrator>sqlplus

SQL*Plus: Release 10.2.0.5.0 - Production on 火 4月 19 17:07:12 2011

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle.  All Rights Reserved.

ユーザー名を入力してください:  / as sysdba


Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.5.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL> select name from v$asm_alias where ALIAS_DIRECTORY='N';

NAME
------------------------------------------------------------------------------------------------
Current.256.748876611
Current.257.748876613
Current.258.748876613
control01.ctl
control02.ctl
control03.ctl
group_1.259.748876615
group_2.260.748876617
group_3.261.748876619
redo01.log
redo02.log
redo03.log
SYSTEM.262.748876621
UNDOTBS1.263.748876637
SYSAUX.264.748876647
USERS.266.748876655
TEMP.265.748876651
spfile.267.748876913
spfileORCL102.ora

19行が選択されました。

SQL> SELECT * FROM V$ASM_DISKGROUP;

GROUP_NUMBER NAME                                                         SECTOR_SIZE BLOCK_SIZE
------------ ------------------------------------------------------------ ----------- ----------
ALLOCATION_UNIT_SIZE STATE                  TYPE           TOTAL_MB    FREE_MB
-------------------- ---------------------- ------------ ---------- ----------
REQUIRED_MIRROR_FREE_MB USABLE_FILE_MB OFFLINE_DISKS UN
----------------------- -------------- ------------- --
COMPATIBILITY
----------------------------------------------------------------------------------------------------

DATABASE_COMPATIBILITY
----------------------------------------------------------------------------------------------------

           1 DATA ディスクグループ名                                            512       4096
             1048576 MOUNTED                EXTERN             4188       3276
                      0           3276             0 N
10.1.0.0.0
10.1.0.0.0


SQL> SELECT * FROM V$ASM_DISK;

GROUP_NUMBER DISK_NUMBER COMPOUND_INDEX INCARNATION MOUNT_STATUS   HEADER_STATUS
------------ ----------- -------------- ----------- -------------- ------------------------
MODE_STATUS    STATE            REDUNDANCY
-------------- ---------------- --------------
LIBRARY
----------------------------------------------------------------------------------------------------

  TOTAL_MB    FREE_MB NAME
---------- ---------- ------------------------------------------------------------
FAILGROUP
------------------------------------------------------------
LABEL
--------------------------------------------------------------
PATH
----------------------------------------------------------------------------------------------------

UDID
----------------------------------------------------------------------------------------------------

PRODUCT                                                          CREATE_D MOUNT_DA REPAIR_TIMER
---------------------------------------------------------------- -------- -------- ------------
     READS     WRITES  READ_ERRS WRITE_ERRS  READ_TIME WRITE_TIME BYTES_READ BYTES_WRITTEN
---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- -------------
           1           0       16777216  4043031945 CACHED         MEMBER
ONLINE         NORMAL           UNKNOWN
System
      4188       3276 DATA_0000
DATA_0000

\\.\ORCLDISKDATA0 スタンプされたディスクの名前

                                                                 11-04-19 11-04-19            0
     22666      68023          0          0      76.25     343.12  258007552    1159931392

マニュアル

ストレージ管理者ガイド11gリリース1(11.1)
Grid Infrastructureインストレーション・ガイド11gリリース2(11.2)for Linux
Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド11gリリース2(11.2)
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板