11gR2 Real Application Clusters(RAC) のインストール(データベース作成)

本ページではVMwareを用いた11gR2 RAC(2node)のインストールの方法をまとめています。

1 構成・インストール前準備
2 Grid Infrastructureソフトウエアのインストール
3 データベースソフトウエアのインストール
4 データベースの作成
補足


DBCAによるデータベースの作成

・Real application Clustersデータベースを選択します。
RACDBCA_1

RACDBCA_2

RACDBCA_3

・グローバルデータベース名とSIDを入力し、クラスタに参加するnodeを選択します。
RACDBCA_4

・以後、通常のシングル環境のDBCAとほぼ一緒です。
RACDBCA_5

RACDBCA_6

RACDBCA_7

RACDBCA_8

RACDBCA_9

RACDBCA_10

RACDBCA_11

RACDBCA_12

RACDBCA_13

RACDBCA_14

RACDBCA_15

RACDBCA_16

・グループが4つ設定されていますがこれはデータベース全体で4つ(各インスタンス2つずつ)グループが割り当てられています。
RACDBCA_17

RACDBCA_18

RACDBCA_19

RACDBCA_20

RACDBCA_21

RACDBCA_22

以上で全てのインストールが完了です。


1 構成・インストール前準備
2 Grid Infrastructureソフトウエアのインストール
3 データベースソフトウエアのインストール
4 データベースの作成
補足

マニュアル

11.2マニュアル一覧
2日でReal Application Clustersガイド
Grid Infrastructureインストレーション・ガイドfor Linux
Real Application Clustersインストレーション・ガイドfor Linux and UNIX Systems
Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド
Clusterware管理およびデプロイメント・ガイド
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板