リカバリ手順

本ページではデータファイルが破損した場合のリカバリ手順を記載します。


データファイル破損の完全リカバリ手順

以下の手順ではDBを停止していますが、破損したデータファイルがSYSTEM表領域やUNDO表領域ではない場合はDBを停止せずにリカバリすることができる場合もあります。

1 DBが停止していなければ停止する
SQL> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
2 データファイルのリストア
リカバリに必要なアーカイブログがバックアップ等で退避されている場合はアーカイブログも元の場所に戻します。
注意
制御ファイル及びREDOログは破損していなければリストアしないでください。制御ファイルをリストアしてもリカバリコマンドの変更等によりリカバリできる可能性はありますが、 REDOログを誤ってリストアして上書きしてしまった場合は完全リカバリが不能になります。

3 DBをMOUNT状態まで起動
SQL> startup mount
ORACLE instance started.

Total System Global Area 205520896 bytes
Fixed Size         1266608 bytes
Variable Size       67112016 bytes
Database Buffers     134217728 bytes
Redo Buffers        2924544 bytes
Database mounted.
4 リカバリの実行
SQL> recover database;
SQL> alter database open;
カスタム検索

★ORACLE案件承ります
▼ORACLE掲示板